英文ビジネスメールの上達法

英文ビジネスeメール

ここのところ、以前取り組んだことある参考書『説得力のある英文ビジネスEメールが書ける(柴山かつの著)』に再度取り組んでいます。この参考書では、ビジネスシーンで本当によく使う基本の例文が並んでおり、習得してしまうと、実践の場で非常に役立つと思われます。私のお気に入りの参考書の1冊です。本屋さんでいろいろ吟味したところ、この本よりも簡単な例文が載っているものもあれば、もっと複雑な長文が載っている本などもありましたが、1冊丸暗記してしまいたい私にとっては、これぐらいがちょうどよいと考えて購入しました。


説得力のある英文ビジネスEメールが書ける

以前に1周終了させているからか、2周目は非常にサクサク進んで気持ちがいいです。

進め方は1周目と全く同じです。

  1. 例文を自分で英訳する(wordに英語を打ち込む)。
  2. 模範解答と照らし合わせて添削する。
  3. 模範解答と全く同じように書けるまで英訳を繰り返す。

初めて取り組んだ時は、1冊終了するのに6カ月もかかってしまいましたが、今回は3カ月ぐらいで終了しそうな感じがします。ただ、サクサク進むといっても、やはりどこか忘れているところや間違ってしまうところがあります。2周目を終わらせても、完璧になるまで、もう数回取り組んでも良いかなと思っています。次からは、取り組み方法を変えて、1文1文wordに英訳を打ち込むのではなく、頭の中で英文を考えて、確認するようにしようと思います。そうすると1周終了させるのにかかる時間がさらに短くなると思います。

どんな参考書でも、数回繰り返すと、繰り返すごとに早く終了することができます。また、細部まで覚えることができるようにもなります。例文の解説として書かれている単語の使い方なども、繰り返すごとにより明確に頭の中に入ってきます。それに伴い、普段英語を書くときの時間もどんどん短縮され、正確な英語が書けるようになります。

英文ビジネスメールの上達には、ビジネスで使われるお決まりの文章を参考書を用いて頭の中にどんどんストックしていき、実践でいろいろ変化させて使いこなしていくのがよさそうです。

何度も参考書を繰り返すたびに、英文を書くのが早くなり、正確な英文が書けるようになってきて、とても楽しいです。日本語を書くのと同じぐらいさらさらと書けるようになるのを目標に頑張りたいと思います。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました