ビジネス英語の修得 Part 1

ビジネス英語

ビジネス英語とは?

日本語でも、会社で使う言葉は、会社以外で友人や家族と使用する普段使いの言葉と違い、丁寧な言葉を使うと思います。同じように、英語でも会社で使う言葉と普段の言葉は違います。

日本語にも丁寧語、謙譲語、尊敬語がありますが、英語にも同じようなものがあるのです。

また、会社では社外のお客様と社内の人に対して使う言葉も違ってくるとおもいますが、これもまた日本語と同じく英語でも違います。

このような使い分けをマスターするのが、ビジネス英語では必須です。

また、英文ビジネスE-mail を書くときは、お決まりの定型文があり、これもまたマスターしなければなりません。

いろいろ大変だなあと思われるかも知れませんが、ある程度基礎となる定型を覚えてしまえば、あとは、その場その場のシチュエーションで変形させて応用していく形になります。

ビジネス英語の何が難しいのかというと、その応用していくところが難しいのです。つまり、これは、実は本来の英語力が試されるところであり、ある程度の英会話、ライティング力がないと難しくなります。

話したり書いたりするときの文法や発音に誤りが多いと、海外のお客様に間違った伝わりかたをしたり、失礼にあたってしまうこともあるため、日頃から英語のブラッシュアップをすることは、英語を使うビジネスパーソンにとっては不可欠なことだと思います。

ということで、私自身も日々英語のブラッシュアップに取り組んでいるところです。

ビジネス英語の定型文や学び方については後日またお伝えしたいと思います。



にほんブログ村


タイトルとURLをコピーしました