英検1級の英作文の攻略法 ~その1~

英検1級

英検1級のリーディングパートの最後に英作文の問題が出題されます。1題だけですが配点が高いので、ここで点数を落とさないようにきちんと対策しておきたいものです。

英検1級英作文の内容と特徴

  • 英検1級の英作文は1題です。
  • 文字数制限(200~240ワード)があります。
  • あるトピックについてYes /No 又はagree/disagreeかを聞かれます。
  • 自分の意見を裏付ける理由を3つ述べなければなりません。
  • 現代社会で問題になっている事柄について意見を求められ、質問のトピックは、生活、文化、政治、経済、医療、サイエンス、技術、国際関係など多岐にわたります。

最近出題された問題

英検協会のHPには、過去一年間の試験問題と模範解答が公表されています。一年に3回試験が実施されるので、3回分の過去問題が閲覧可能です。

現時点では下記の3題が掲載されていました。

2019年度2回目

  • Is space exploration worth the cost?

宇宙探索には資金を投じる価値があるか?

普段はあまり深く考えたことのないタイプのトピックかもしれません。YesかNoかどちらを選ぶかはどちらでも良いです。選んだ意見を裏付ける3つの理由が書きやすい方を選んでくたさい。

2019年度1回目

  • Agree or disagree: Infectious diseases will becom a bigger probrem in the coming decades

感染病は数十年後には今よりも大きな問題になっているだろう。

agree/disagreeの問題ですね。この問題はやや解きにくいかも知れませんね。agree、disagreeのどちらを選んだ場合でも、その意見を裏付ける理由3つがすぐに出てこない気がします。

2018年度3回目

  • Is a worldwide ban on weapons of mass destructhion an attainable goal?

大量破壊兵器の世界的な禁止令は達成可能な目標であるか?

こちらの問題は、YesかNoのどちらになるかを示すタイプですね。大量破壊兵器と聞くと、原爆や世界の核兵器所持国のことなど思いつきますね。大量破壊兵器に関しては解決の糸口が見えない難しい問題ですが、世間で何かと問題提起されているため、意見をまとめるのはそんなに難しくはないかもしれません。論理を明確にして書けば、高得点を狙えそうですね。

上記3つの過去問題を見るだけでも、宇宙探索、感染症、大量破壊兵器と様々な分野のトピックについて聞かれることが分かります。英検1級を受ける方は、日頃からニュースで聞いたこと、社会で問題になっていることについて、常にアンテナをはり、自分なりの意見をまとめておくことが大切です。

英検1級英作文の対策

  1. 過去問や練習問題を実際に解く。
  2. いろいろなトピックについて英語で意見をまとめる。
  3. 添削を受けて、自分の英作文の弱点をつぶしていく。

過去問や練習問題を実際に解く。

まずは、過去問や練習問題を解いていきましょう。実際に書くことが上達の秘訣です。最初は、1本書くのに案外時間がかかることに気づきます。自分の思うことがさっと書けなかったり、自分の意見を裏付ける理由が思いのほか見つからなくて調べたりすることが出てきて、とても時間がかかります。

ですが、ここで調べたり、考えたりしたことが、本番の試験で役立つことがあります。実際に、私が受験したとき、問題自体は全く違いましたが、自分が練習として書いた英作文の一部が使えるような分野が似たトピックが出題されました。練習として書いたとき、いろいろ調べて考えていたため、周辺知識が身についていて、サクサク書くことができました。結果として、英作文で高得点を取ることができ、合格につながりました。

また、本番では、20~30分の時間しか取れません。本番で余裕を持って解答するためには時間をはかって練習する必要があります。

私は一つの問題を2回解きました。

  • 1回目:時間は考えずいろいろ調べて考えて英作文を完成させる→英文添削サービスに出す→戻ってきたものを復習する
  • 2回目:復習をした後、同じ問題を時間制限10分で解いてみる

週に2~3本(月10本程度)書いて添削サービスに出して添削を受けて復習するということを繰り返しました。半年も続けると、いろんなトピックについて考えることができて、もうどんなトピックが出ても解答できる!という自信につながりました。

いろいろなトピックについて英語で意見をまとめる。

これは、2次対策にもなります。先ほどから何回も書きましたが、様々なトピックについて聞かれるため、いろんな分野の問題について、英語で意見をまとめておきます。

添削を受けて、自分の英作文の弱点をつぶしていく。

不安な人は添削を受けてみるとよいと思います。

英会話教室やオンライン英会話を普段から受講しているかたは、先生に添削してもらうと、自分の間違いやすい文法や、語法を見つけられる可能性があります。なるべくネイティブ講師にみてもらうほうがよいと思います。

最近は、英文添削サービス会社がいくつかあり、英語の各種試験対策や、メールの添削などをお願いすることができ、英語学習者にとっては便利な世の中になったものだな~と思います。

私の場合は、英検受験前の半年間のみ、『英語便』という英文添削サービスにお世話になりました。

英検1級用の問題がたくさん用意されていて、その問題や自分が用意した問題と解答を添削してもらいました。その他、日記やメール、自由英作文でも、何でも添削していただけました。また、添削してくれる先生は全員欧米出身のネイティブ講師でした。自分では気づかない語法の誤りや文法の弱点(冠詞)などを教えてくださり、勉強になりました。

以上が私の経験を交えた英検1級対策です。

英文添削サービスに関しては、また後日書いてご紹介したいと思います。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村 英語ブログ 英検へ

にほんブログ村 英語ブログへ

タイトルとURLをコピーしました