英検1級の英単語の覚え方

英検1級

英検1級の語彙問題について

英検1級のテストでは、最初に単語と熟語の語彙問題が出てきます。 

語彙問題は、英検一級の問題の中でも配点が大きく、この部分を抑えれば得点がかなりアップします。

語彙問題の数は全部で25個、単語が20個で熟語が5個です。

語彙問題にでてくる単語は、1級の長文問題にもかなりの確率で出てきます。 

単語を覚えれば覚えるほど、問題文に出てくる分からない単語の数が減り、スムーズに読めるようになります。長文問題の理解度も高まります。

私の場合も覚えた1級単語の数が増えるにしたがって、読解部分の得点も上がっていきました。

旺文社の「1級でる順パス単」で1級の語彙問題に対処

初めて1級の過去問を解いたとき、単語の部分は全く歯が立たずボロボロでした(ほかの部分もですが)。

対策として旺文社から出ている「1級でる順パス単」通称「でる単」を集中的に覚えました。

1周目は派生語などもしっかりと覚えながら進み、3周ぐらい繰り返すと、ほとんどの単語を覚えてしまいました。


【音声アプリ対応】英検1級でる順パス単 (旺文社英検書)

パス単の覚え方

英検1級の単語は難しく、なかなか覚えられないという方が多いと聞きます。

皆さん、いろいろ工夫され、人によって覚え方が違うと思いますので、自分の覚えやすい方法で覚えられたら良いと思いますが、私の場合は次のように覚えていきました。

  • 覚える単語数は1日50個。
  • 付属の音声を聞き流す。

50個×平日5日=250個(土日に1週間分を復習)をノルマとしました。

全体で約2000個÷週250個=8週間の計算になります。1周するのに2カ月かかりました。2、3周目はさらに早くなり、1日約100個ペースで確認できたと思います。

その日に覚えると割り当てた単語については、必ず音声で確認し、その日のうちに何度か付属の音声を聞き流す。単語も音で聴いて、声に出す。これ鉄則です。

タイトルとURLをコピーしました