自分で英語コーチング(その3)

英語学習日記

自分で英語コーチング、明日から開始しようと思い、エクセルでスケジュールを立てました!

◎目標:1年で1000時間以上

まず、使用教材を決めました。5月から7月までの3カ月間は以下の教材に徹底的に取り組みます。難易度的に組みやすい本や、過去に取り組んだことのある本を選びました。

3カ月を1タームとして、8月からはまた違う教材を選んで取り組もうと思っています。何を使うかはまだ未定です。

リスニング:(映画)プラダを着た悪魔 (1日1時間)

映画は英語学習の定番である『プラダを着た悪魔』に取り組みます。こちらは、映画1本丸ごとディクテーションする予定です。映画は3カ月に1本取り組みます。1年で4本取り組みたいです。

ディクテーション後にシャドーイングをします。この映画は2回見たことがあるので、内容はよくわかっています。

今回は『スクリーンプレイ』を購入しました。『スクリーンプレイ』は、映画の台詞と日本語訳、英語の解説がある書籍です。英語のスクリプトだけ見るよりも、理解が深まります。


プラダを着た悪魔 再改訂版 (スクリーンプレイ・シリーズ)

ライティング:説得力のある英文ビジネスEメールが書ける (1日1時間)

『説得力のある英文ビジネスEメールが書ける』は、過去に1回終了しました。完璧に覚えるために、再度取り組もうと思ってしばらく経ってしまいましたが、今回改めて2回目に取り組みたいと思います。3カ月で1周できればと思います。


説得力のある英文ビジネスEメールが書ける

スピーキング:英会話フレーズ大特訓 ビジネス編(1日30分~1時間)

スピーキングにいては、『英会話フレーズ大特訓 ビジネス編』(Michy里中 (著),植田一三 (監修))を使用します。この本は昔購入して、少し使用して全て終了できずに、本棚に眠っていました。

音読・シャドーイングを繰り返し、例文を日本語を見てすぐに口から英語が出てくるまで丸暗記しようと思います。この教材は比較的短い文章で覚えやすそうです。2カ月で1周終了させて、3カ月目に1周し、3カ月で計2周繰り返す予定です。


英会話フレーズ大特訓 ビジネス編

リーディング(その1):洋書 月1冊以上(1日30分以上)

今月は、『The Dutch House』を読みます。

リーディングは、洋書を月1冊以上読みます。毎日30分以上、面白かったら、数時間続けて読んでしまいそうです。最低月1冊は読みたいです。


The Dutch House: Longlisted for the Women’s Prize 2020 (English Edition)

リーディング(その2):Economist (1日1記事以上)

Economistを1記以上事読むのは日課になっています。Economistの1記事は短いのですぐ読めます。


The Economist [UK] April 18 – 24 2020 (単号)

リスニング:Audible:1ヵ月1冊

Audibleは、毎月1冊購入しているので、時間のある時にKindleで洋書を月1冊聞きます。今月はKindleで読む『The Dutch House』を音声でも聞きます。計9時間53分です。


Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 32GB 広告つき 電子書籍リーダー + Kindle Unlimited(3ヵ月分。以降自動更新)

スケジューリング

毎日の同じ時間帯に同じ教材に取り組むようにスケジューリングしました。

朝と夜に集中して勉強します。

朝、目覚めたら一番に映画の『プラダを着た悪魔』のディクテーションとシャドーイング、続いて『説得力のある英文ビジネスEメールが書ける』でライティングのトレーニングで2時間

夜、8時から10時頃にかけて英会話フレーズ大特訓 ビジネス編で発話練習と短文暗記をした後に、洋書やEconomistを読んで1~2時間

以上で、朝と夜で合計3時間以上確保できます。

そして、さらに、

気が向いたときにAudibleで洋書を聞きます(1冊10時間前後)。

これを毎日続けたら、1年で1000時間以上が確実です。

明日から頑張ります!!


人気ブログランキング にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました