「英語便」を楽しむ

英語学習法

「英語便」とは

「英語便」は英文添削サービス会社です。「英語便」では、プロのネイティブ講師による英文の添削を受けることができます。英文の種類は、日記、メール、試験対策(英検、TOEIC、TOEFLなど)などです。

「英語便」の楽しみ ~講師から指摘を受けて得られるもの~

私は英検1級の英作文対策でお世話になって以来、「英語便」を利用し続けています。現在は、6カ月ごとに少しチケットを買い足して、続けている感じです。

添削に関しては、自分で書いた英文を何度も見直して間違いはないと思って出しても、必ず何か指摘が返ってきます。今まで指摘がなかったことはありません。毎回、何か学ぶことがあります。

私の場合、特に多い指摘は、冠詞、名詞の単数複数の間違い、時制などです。徐々に指摘はへってきてはいるものの、注意して見直しても必ずこのうちのどれかについて指摘が来る感じです。また、日本語の発想から書いた英語が、英語ではこんな言い方しないと指摘されることも多々あります。

例えば、スキルアップする、という場合、”skill up”という英語は日本人が陥りやすい間違った英語で、正しくは”implove skills”などという指摘が入ります。いつも書くときや話すときにつかっていた語法が間違っていたことがわかると、ハッとして、その内容が頭にインプットされて、次回から間違わなくなります。

このように、講師からとてもためになるアドバイスをいただけるのがうれしいです。

自分の書いた英語の指摘をうけることにより、英語を書くときや英語を話すときに自分の弱点を意識しながら書いたり話したりするようになったため、少しずつ、間違いが減ってきているように感じます。

「英語便」の楽しみ ~英文メッセージの交換~

「英語便」では、他の「英語便」メンバーとメールを交換することが可能です。メールを交換しても何の費用もかかりません。他のメンバーとメールを交換することにより、英語を書く練習を繰り返すことができます。そして、他のメンバーのメールを読むことにより、自分が使ったことのない表現を学ぶことができます。

「英語便」の楽しみ ~執筆量ランキング~

英語便では、執筆量ランキングというものがあり、その週の執筆量が多い人から順に順位がつけられて、10位まで発表されます。リアルタイムで執筆用の高い人の順位が変わります。執筆量が多い週は、ランキングに自分のハンドルネームが表示されます。ランキングの種類は6種類(執筆量ランキング、チャレンジフレーズ利用数ランキング、自由添削執筆量ランキング、日記執筆量ランキング、メッセージ執筆量ランキング、QA執筆量ランキング)あります。どれでも3位以内に入ると、洋書ポイント (1位 – 5ポイント、2位 – 3ポイント、3位 – 1ポイント)が加算されます 。洋書ポイントが100ポイントたまると洋書1冊と変換できます。こういったことも英語便を続ける励みになります。洋書ポイントは、メッセージを送信したときや、日記や執筆し文章などを公開したときにも1ポイントたまります。交換してもらえる洋書の種類があまりないので、この辺はもう少し改善がひつようというか、選べる洋書を増やしてほしいなと思います。

「英語便」まとめ

「英語便」はまだしばらく続けていこうと思っています。英語便で毎日たくさんの英文を書く週や月がときどきあるのですが、そういったときは、かなり英語脳になっているように感じます。これは、一定期間オンライン英会話スクールで毎日1時間以上話していた時と同じ状態です。頭の中で日本語の代わりに英語で考えている時間が増えてきます。英語を聞いたり、読んだりするのではなくて、自分の頭で考えて英文を書いたり、話したりすることが、英語脳になる秘訣のように感じます。これを毎日続けられればいいのですが、仕事が忙しくなると滞ってしまいます。忙しいときでも、毎日少しでも続けることがきっと大切なのでしょう。



にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました