英語の勉強を長続きさせるために

英語学習法

さて、今日は英語の勉強を長続きさせるためには、どんな取り組みをすればよいかを考えたいと思います。

大学や会社で英語力をアップさせたい人はたくさんいると思いますが、何故か英語の勉強がはかどらない、やる気がでない、長続きしない人も多いと思います。

英語の勉強は、継続してこそ身につくものであり、短期集中でつけるものではありません。

やはり、英語力を上げるためには最低でも1年は継続することが必要だと思います。

毎日最低1~2時間の英語の勉強を1年以上続けていると、ある時、急に英語力がアップしてくる時があります。

コツコツと積み上げてきたものが花開く瞬間です!

その急激に英語力が伸びる時期をブレイクスルーと呼びます。

英語の勉強をコツコツ続けていると、誰にでもブレイクスルーは訪れます。

ある時、あれっ?英語がすらすら読めている、聞こえてくる、という状態になる感じです。

初級者から中級者、中級者から上級者、上級者から限りなくネイティブに近づいていく過程に何度かブレイクスルーが訪れると思います。

私も、ある一定期間英語の勉強を続けていると、何度かブレイクスルーを経験しました。

皆さんにもブレイクスルーを味わっていただきたいです。

そのやめには、やはり、一定期間、英語の勉強を続ける必要がありますね。

英語の勉強を長続きさせることができない人も、ちょっとした工夫で長続きさせることができると思います。

私が英語の勉強を長続きさせるために取り組んでいる方法というと、以下になります。

定期的に英語の資格試験やテストを受けるように設定する。

資格試験に合格する!TOEICの点数を100点アップさせる!といったはっきりとした目標を立てることが大切です。

目標があるということは、英語の勉強を長続きさせるための十分な動機付けとなります。

1年ぐらいのスパンで考えます。英検、TOEICなどの資格試験の日程を調べて、その日程を書き込みます。英検〇級を取りたいと思ったとき、英検は年3回受けることができるので、すべて受けるようにします。TOEICは頻繁に開催されるので、年3~4回ぐらいに設定します。TOEICを毎回受ける人もいますが、年に3~4回受けるのが、自分がやってきた勉強でどれくらい伸びたかを測るのにちょうどいいような気がします。

そして、これから英語の勉強をするぞ!と意気込んだ時、私は必ずエクセルで計画を立てます。エクセルで左端に日付を入れて、その横にポンポンとテスト日程を書き込みます。

次に、どの問題集を使うのが良いか考えます。英検もTOEICも傾向がどんどん変わってきているので、最新の問題集を使うのが良いと考えます。TOEICなど5年も前のものでは、傾向がかなり違いますので、購入するときは気を付けないといけないと思います。

自分の弱いところを中心に、リーディング、リスニング、ライティングとまんべんなく取り組むのが良いでしょう。

英検を受ける場合、順1級と1級では、難易度がかなり違うため、1~2年じっくりと勉強する必要があるかもしれません。

楽しみながら勉強する。

楽しみながら、というのはとても大切です。英語の勉強が嫌いな人は単調な単語暗記、文法の勉強などが嫌な人が多いと思います。

そこで、提案するのが、英語と自分の好きなことや趣味を結び付けて、楽しみながら勉強をするということです。

例えば、映画やドラマ、You Tubeを用いて英語の勉強をしましょう!自分の好きなジャンルの映画、自分の好きな俳優の出演するドラマなど1つ決めます。決めたものを何度も何度も繰り返し見て、ディクテーション、シャドーイングと隅から隅まで、1本の映画やドラマを数カ月かけて、セリフを覚えてしまうまで味わい尽くしましょう。そうやって1つの映画やドラマを制覇するたびに、英語力はアップします。日常で使える生きた英語を学ぶことができます。

また、リーディングに関しては、好きなジャンルの小説、興味のある分野、趣味の分野の本を英語で読みましょう。英語が簡単なものから始めて徐々に難易度を上げていけばよいと思います。好きなジャンルであれば、気づいたらどんどん読めていた、ということになると思います。好きな分野であれば、内容がわかっているため、最初は単語など分からず辞書を引き引き読むこともあるかもしれませんが、だんだん辞書もいらなくなることでしょう。

単調な作業をするときに、英語の勉強をする。

単調な作業って何かな?と考えると、例えば、通勤の歩いているとき、電車に乗っているとき、家の掃除をするときなどです。

そういったときに英語の勉強をするのは、最高です。時間を有効に使えます。退屈な作業も苦痛に感じなくなります。

通勤中の駅まで歩く時間は、スマホにイヤホンをつけてリスニング、電車に乗ってからは、リスニング、リーディング、単語の暗記といろいろできます。

家の中で掃除をするときはスマホにイヤホンをつけてシャドーイング、洗い物をしながら、掃除機をかけながら、風呂洗いをしながら、シャドーイングをすると、退屈な掃除が生き生きとした楽しい時間になってきます。シャドーイングをしながら掃除をすると、ついつい、長く掃除をしてしまい、家の中はピカピカになり、リスニングや発話力がアップして、一石二鳥です。

単調な作業をするときに英語の勉強をすることにより、単調な作用が退屈でなくなり、英語力がアップして、もう最高です!!

まとめ

わたしは、上記の3つをうまく組み合わせて、英語の能力を高めてきました。いろんな取り組みをしている中で、海外に一歩も出ずに、今まで英語の勉強を継続してきました。オンライン英会話で、フィリピン人講師にあなたは何年英語の勉強してきましたか?と聞かれるたびに、あまりにも長すぎて恥ずかしいくらいですが、皆さんもいろいろ工夫して、英語の勉強を長続きさせてください。せっかくアップさせた英語力も、日本に住んで日々日本語を使っている限り、英語に触れないでいると、どんどんと下がってきます。ですので、何らかの形で英語に触れて、これからも英語の勉強を続けていきたいと思っています。皆さんも一緒に頑張りましょう。


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました