TOEIC得点と就職の関係

TOEIC

就職活動の現場でTOEIC何点とっておけば良い?

就職活動をする際、TOEICスコアの提示はどこの会社でも必須になってきています。就職活動をする多くの人がTOEICの得点を上げようと頑張っています。

さて、何点ぐらいあれば就職に有利なのでしょうか?

私の個人的な見解では、TOEIC得点のおおざっぱなレベル分けは恐らくこんな感じかと思います。

  • 600点台:大学卒業後、就職に必要な最低限レベル
  • 700点台:就職に必要な通常のレベル
  • 800点台:国内有名企業入社レベル
  • 900点台:英語を日常的に使う外資系企業入社レベル
  • 満点以上:たまに見かけます。

やはり高得点を取っておくほうが良いと思います。

就職に必要な最低限の得点は600点ぐらいだと思います。そして、このグローバルなご時世に、700点は取っておいてほしいです。さらに、有名国内企業への就職を目指す場合、最低800点は欲しいですね。また、日常的に英語を使う外資系企業への就職を目指す場合、900点は取っておいたほうがよいです。通常の会社では、恐らく、900点以上を取っていれば、注目してくれるように思います。外資系企業では、900点を超えている人は珍しくありませんし、満点を取ったという人もたまにいます。

英語を日常的に使うことが多い職場では、TOEIC高得点をとっておくことが必須です。とはいっても、TEOICの得点が高いだけで、就職が決まるという会社はまずないでしょう。それ以外の面で判断されることの方が多く、同じレベルの人がいた場合人、TOEICの点数がより高い人を採用したほうがよいと考えるぐらいであると思います。

TOEIC満点について

英語がそこそこできる人でも満点を取るのは難しいと思います。就職のためにTOEICを満点まで取る必要はないと思いますが、私が採用係であったら、満点の人は採用したいです。なぜかというと、TOEICで出題される英語自体はそんなに難しくないのですが、満点を取るにはTOEICの問題に慣れ、素早く解いていくという英語以外の処理能力を高める必要があるからです。1問のミスで満点がとれなくなります。TOEIC満点の人は処理能力が高く、ミスを犯さない人として、会社で仕事をしていくときに重宝される可能性が高いように思います。

TOEICの得点と英語力の関係

私のように海外経験がなく、国内学習でTOEICの点数を上げた場合、900点以上を取得していても英語の発信力が弱いです。発信力というのは、英語のスピーキング力とライティング力です。通常、TOEICを受験するというと、リスニングとリーディングの方を受験するため、問題集などで対策を進めていけば誰でも必ず900点以上突破できます。

ほんとうに900点突破できるの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私の中では900点を超えるまであきらめずに集中してTOEIC対策を継続することができれば可能であると確信しています。実感としては、TOEIC満点も同じやり方で進めれば到達できると感じています。ただし、できるだけ短期間集中のほうが良いです。だらだら続けると、あまり伸びない人が多いです。そして結局目標点まで達成できずに辞めてしまう人が多いように感じます。きっとやる気があるかないかの問題で、TOEICの対策を続けていける人であれば、必ず900点以上、もっと続けられるなら満点まで行けると思います。

ただし、TOEIC900点以上を取っていても、あまり話せないひとが結構います。私もある程度話すことはできますが、全く流暢ではありません。ある程度話せるといっても、英語だと言いたいことの半分ぐらいしか言えません。日本語だったら、スラスラと細かなことまで説明できるのに、英語ではその半分しか言えません。ストレスたまります。自分が話している英語を録音して聞くとまさにジャパニーズイングリッシュです。アメリカやイギリスで幼少期を過ごした人や、長年住んでいた人とは発音や流暢さがかなり違います。そして、そういった帰国子女や、長年住んでいたひとであっても、ネイティブにはまだまだ近づけないとぼやいているのを聞くと、うそでしょ?と思うのですが、実際にそういった人たちがネイティブと話しているのを聞くと、やはり違います。

また、TOEIC高得点を取っていても、専門的な英語の読み書きは厳しかったり、翻訳業につき、英訳をするとなると全く歯が立たない人はたくさんいると思います。また逆に、専門分野の読み書きはできるれど、TOEICの点数はあまりとれないという人もいます。

就職後に英語を鍛えていく

学生の時間のある間に、短期間集中でTOEICの得点をめいっぱい上げておき、就職してから就職先で使う英語を磨いていくのが一番いいと思います。就職先の業種によって、使う英語は異なります。書く英語が必要なのか、話す英語が必要なのか、ビジネスメールレベルでよいのか、論文執筆レベルまで必要なのか、やたらと国際電話が多いのかそれぞれの会社そして部署によってもちがいますよね。就職先の日常業務の中で使える英語を身に着けつつ、職場以外で足りないところを勉強して補っていくのが王道だと思います。


にほんブログ村


タイトルとURLをコピーしました